りこのブログ

Blog

堺市でブロック塀撤去するなら【りこの】へお任せください。堺市で通学路上にある危険なブロック塀の撤去には補助金がでます
コラム2018年07月19日

先の大阪北部地震による被害を受け、2018年7月3日より堺市では通学路の安全確保への取組みとして、危険なブロック塀や鉄筋を含まない積み上げられた塀の撤去費用、及び撤去した後に設置をする軽量フェンスへの補助金制度が創設されました。

 

先の大阪府北部で起きた地震では、通学途中だった小学生が、地震により倒れてきたブロック塀の下敷きとなり亡くなられました。
とても痛ましく悲しい事故です。
これは未然に対策を取っておけば防げたはずでもある事故なのです。

 

【りこの】では、この工事の請負いを行い、申請の手続きや工事を行う際に出る追加工事も含めサポートいたします。
小学校の近辺等で、道路(歩道)の幅以上あるブロック塀が対象です。

 

・ご自宅に古いブロック塀はありませんか?
・ブロック塀は高くないですか?1.4mより高い場合は控えブロックがありますか?
・ひび割れがあったり、ぐらつきはありませんか?
・ブロック塀が石垣の上に作られていたり、ブロック塀自体が擁壁(土留め)になってませんか?
1つでも該当する場合、地震に対して弱い危険なブロック塀です。

ブロック塀は左右の揺れには強くても、前後の揺れにはとても弱いです。
震度5以上の場合は特に危険です。
地震による悲惨な事故が起きる前に、是非この機会に撤去・改修してください。
子供が安心して暮らせる街になるよう、市民の皆様のご協力をお願いします。

 

お問合せはこちらから
お問合せフォーム>>>

 

気になるブロック塀はありませんか?
撤去費用がご心配でしたら、この機会に補助金の申請を行い安全対策を行いましょう。

補助金が出る期間は平成30年度末までです。

 

もし、「うちのブロック塀は大丈夫かな・・・」「近所の高い塀が危険な気がする・・・」などあれば一度ご相談ください。
スタッフが現地調査に伺い、無料で調査致します。
その後、危険と判断される場合は、ブロック塀撤去の補助金を受けれるか確認し、実際に工事を行う場合の費用を見積りしてから、行うか決めていただく流れとなります。

 

ご相談はこちらから
ご相談フォーム>>>

 

補助金の額・仕様は以下の通りです。
①ブロック塀等の撤去への補助・・・工事費の2/3以内、かつ15万円まで、また1㎡あたり1.3万円まで
②撤去後に設置する軽量フェンスへの補助・・・工事費の2/3以内、かつ25万円まで、また1㎡あたり2.2万円まで

堺市の指定通学路の危険なブロック塀の撤去等の補助
堺市ホームページより、撤去するブロック塀の基準

ご自宅の道路側にあるブロック塀等が倒れた場合、そこを通っている人に危害を加えたり、地震の際の避難や救護活動の妨げとなる場合があります。
所有者の責任として、ぜひ一度ブロック塀等の安全の確認をお願いします。


ブロック塀を点検しよう!
ブロック塀を自己点検できるチェックリスト(大阪府のページ)

 

ご相談・お問合せはこちらから
お問合せフォーム>>>

 

【りこの】では毎週『耐震講習会』を開催しています。
地震への備え方、耐震診断から耐震改修の進め方、補助金の種類や金額など、わかりやすくご解説致します。
まずは「知ること」、そして「備えること」
それが大事です。
是非コチラにご参加下さい。

【耐震講習会~地震への備えと補助金について~】開催!>>>

————————————
堺市で耐震診断・耐震改修するなら
【RIcono -りこの-】リフォーム&リノベーション
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.jp
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)
————————————
【りこの】のリノベーションについてまとめてみました>>>
リフォームの補助金についてのまとめ>>>
堺で耐震改修をするならこちら>>>
おすすめリフォーム業者の比較まとめ>>>
ホームインスペクション(住宅診断)ってメリットあるの?>>>

 

おすすめの記事