リフォームのご質問

Reform Q&A

お金のこと編
提携しているリフォームローンがございます。 金利や金額についてもご相談いただけますので、現場調査の際などに担当者にお伝えください。
どのようなイメージのお部屋にしたいか、どれくらいの予算で行いたいか等、まずはたくさんお話するところからはじまります。 お話頂いた内容を元に、プロの視点からお客様の立場になって、具体的な「提案」を行います。 そのために必要な「現地調査」「商品の選定やカタログの取り寄せ」「ファーストプランの作成」「セカンドプランの作成」「概算見積書の作成」まで、すべて無料で行います。 費用が最初にかかるのは工事のご契約時、又は200万円以上の工事の場合は【詳細見積書】の作成申込時に5万円頂いております。
はい、大丈夫です。どのくらい金額がかかるかわからない、金額をみて考えたいという場合でも、 お気軽にご相談ください。
Ricono(りこの)では現地調査後、【ファーストプラン】をご提出し、内容を確認して頂き、変更・追加・修正についてお打合せを進めて【セカンドプラン・概算見積書】をお渡しします。 その後、200万円以上の工事の場合には【詳細見積書】の作成申込として5万円を頂いております。 200万円未満の場合はご契約時に初めて支払いが発生します。 契約後の工事代金については、金額によってお支払いいただく回数が異なり、 金額が10万円/300万円/500万円となるごとにお支払いのタイミングや回数が増減いたします。 ▼ご入金時期 10万円  工事の完了時のみ 10万円以上300万円未満  ご契約時と工事完了時 300万円以上500万円未満  ご契約時と中間時、そして工事完了時 ※500万円以上の場合は中間時を複数回設けております。 また、金額が高くても工事期間が比較的短いエクステリアの工事などでは お支払いいただく回数を調整させていただくこともございます。 また、ローンの取り扱いもございます、詳細はご相談ください。
工事のこと編
工事の内容によりますが、住みながらのリフォームも可能です。
しかし、長期間の工事や、水廻り全ての工事を行う場合は、仮住まいへのお引越しをおすすめしています。
ずっとお家に居る必要はございません。
ただし、貴重品につきましてはお客様に管理いただきますようお願いいたします。
小物や貴重品などはお客様で移動をお願いします。
たんすやベッドなど大きなものや重たいものについては、弊社にお任せください。
処分に困る大きな家具などは、工事の廃材と一緒に処分できますので、遠慮なくお申し付けください。
ただし、別途費用がかかる場合もございますので、事前に担当者にお伝えください。
その他いろいろ
もちろん可能です。
窓に内窓をつけるなど1日で終わる工事でも断熱効果を高めることもできます。 また、 サッシや窓の交換でも冷暖房の効率をあげることができます。
水まわりの位置も変更できますが、変更できる場所は限られる場合もありますので、まずはご相談ください。
自治体によって異なりますが、耐震診断や耐震補強工事に補助金がでる場合もあります。Ricono(りこの)では補助金の手続き等もお手伝いしておりますので、 耐震に不安がある場合にはお気軽にご連絡ください。
お家の状態や耐震の状態などによって、どちらがいいかは異なります。
同じ築年数であっても、メンテナンスや立地状態で家の状態は変わってくるため、一度専門家にお家の状態を調査してもらうことをおすすめします。
○建て替えのメリット 間取りや設備を一から考えられるので、家族にあったお家を建てられます。耐震や断熱、防音など、よりよい性能にすることが可能です。
○建て替えのデメリット 総工事費はリフォームより高くなります。また、仮住まいへの引越しや登記なども必要になります。
○リフォームのメリット 使える部分を再利用するので、コストを削減できます。住みながらの工事であれば、引越しや仮住まいの費用も不要です。
○リフォームのデメリット 大きな間取りの変更や最新性能を入れようとすると費用がかさみます。場合によっては建て替えと同じくらいの費用になる場合もあります。
まずどんなリフォームをしたいのか、何に困っているのかを家族でお話ください。
その際、メモなどにまとめておくと、伝え忘れがなくスムーズです。 手元にあるようでしたら、お家の図面もご用意ください。
工事中は基本的に使用することはできません。
目安としてトイレの交換だけですと1日、トイレの交換と内装工事や手洗い増設工事ですと2日ほどかかります。お風呂は浴室の工事で最短で1週間から10日ほどかかります。
はい、大丈夫です。
ほかにも、お湯が出ない、ドアの立て付けが悪い、カギが壊れたなど、 お家のことなら何でもご相談ください。