りこのブログ

Blog

震度6の地震は珍しくありません!
コラム2018年05月31日

平成30年度の堺市は日本で最も高額な耐震補助金が出ます。
是非活用して、地震に備えて安心な住まいにしましょう

昭和56年(1981年)以前のお家は『震度5で倒壊しない』法律で建てられ、これは『震度5で家が一部損壊の恐れ』『震度6弱で倒壊する可能性』があり、要求耐震性能がとても低く設定されています。
その後、『震度7で倒壊せず、震度5でほぼ損傷しない』基準に引き上げられています。
先の熊本地震は震度6強の地震で、倒壊・半壊含め約4.3万棟、部分損壊は16万棟もあり、その多くが昭和56年以前の家で、一部地域では56年以前で無被害の家はわずか5%でした。
震度6は決して他人ごとではありません。

そこで堺市では今年度の補助金を増加、1棟でも多くのお家の被害を減らそうとしています。
是非この機会に現状のお家の耐震診断からはじめましょう。
町全体が地震に強い地域となるように、みんなで安心安全な地域にしていきましょう。

 

講習会の開催が決まりました!

是非コチラにご参加下さい。

【耐震講習会~地震への備えと補助金について~】開催!>>>

 

▼▼コチラも併せてご覧ください▼▼

堺市で耐震補強・建て替えをする際に使える補助金について>>>

————————————
堺市で耐震診断・耐震改修するなら
【RIcono -りこの-】リフォーム&リノベーション
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.jp
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)
————————————

ホームインスペクション(住宅診断)ってメリットあるの?>>>

おすすめの記事