「りこの」ブログ

Blog

R4.4~建築物のアスベスト規制が厳しくなります!
スタッフブログ2022年03月18日

こんにちは
リノベーションブランド【 Ricono 】の鈴木です。


大きく報道で扱われていないと思いますが

令和4年4月より、

建築物・工作物等の解体工事やリフォームに対する石綿対策の規制が強化されます!!


アスベスト(石綿)は耐久性、耐熱性、耐薬品性、加工性すべてにおいて

優良な『奇跡の鉱物』と呼ばれ、

様々な用途に使用されていましたが、

その後、肺がんや中皮腫の誘因となる事がわかり、

今では『静かなる時限爆弾』として対策しなければいけないと認知されていますね。


平成18年(2006年)に石綿含有物の輸入、製造、使用が完全に禁止になり、

それ以前も段階的な規制はありましたが

つい最近まで一部使用が認められていた(規制がなかった)ことについては驚きですね!


ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

「平成18年以前に使用(製造)された建材には石綿含有の可能性がある」

ということです。


脅すわけではないですが、

今回の規制強化の内容も

建築物、工作物をリフォーム、解体する場合、

石綿含有の可能性がある建材を使用しているか着工前に調査しましょう。

調査した上、含有している建材を除去、加工する場合は対策しましょう。

という内容になります。


すべてのリフォーム、解体において調査は必須になります。

その中で下記に該当する場合は 

行政報告も併せて必要になりますので注意してください。

①解体工事で、延べ床面積80㎥以上のもの

②リフォーム、改修工事で請負金額100万円以上のもの


さらに令和5年10月から

事前調査する者の要件として「建築物石綿含有調査者」という

資格者が行わなければなりません。

詳しくはLink:環境省HPまたはパンフレットにてご確認ください




【Ricono – りこの – 】リフォーム&リノベーション

二級建築士 鈴木雄奈 


———————————–
堺の地域密着型工務店なら
【RIcono -りこの-】リフォーム&リノベーション
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.jp
施工範囲
大阪府(大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、羽曳野市、貝塚氏、岸和田市、忠岡町、泉大津市、高石市、和泉市、河内長野市、富田林市、大阪狭山市、堺市)
————————————

おすすめの記事