「りこの」ブログ

Blog

断熱リノベーションの基礎知識
スタッフブログ2021年05月31日

こんにちは

リノベーションブランド【りこの】の坊内豪太です。

 

早いもので5月も終わりとなりました。

今年は早い梅雨入りでしたが、ここ数日は初夏を感じる気持ちのいい日でしたね。

 

 

さて、今回は断熱リノベーションの基礎についてご紹介します。

 

・日射取得と日射遮蔽

文字通り、太陽の日射を取り入れることと日射を遮ることです。

南面は特に冬により多くの日射熱を取り入れるため窓を大きく、

逆に夏は簾をかけ遮り、太陽と上手に付き合いましょう。

 

 

・通風

風速1mの風が吹くと体感温度は1℃下がります。

都市部では通風だけで生活することは難しいですが、

風の通りを考えたレイアウトが大事です。

 

・気密

なぜ気密が必要なのか、不思議に思う人もいるでしょう。

理由はさまざまありますが、気密性能が低いとすきま風が多くなり、

せっかく暖めたり、冷やした室内の空気が外へ漏れてしまいます。

気密性能が高くなるだけで、外気が侵入しにくく室内の空気も漏れにくいため、

省エネルギーで快適な住環境を維持することができるのです。

 

・断熱

断熱材は天井、床、壁面を含めた6面すべてに追加するのが基本。

その時断熱材の厚さや性能を調整し、熱を逃しにくくしましょう。

断熱材の厚さの黄金比は【屋根2:壁1:床1】です。

(同じ断熱材の場合)

 

 

断熱性能の高い住まいは効率よく冷暖房することができるため、

電気代削減につながります。

電気代、冬の寒さや夏の暑さが気になる方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

————————————
堺でリノベーションするなら
【RIcono -りこの-】リフォーム&リノベーション
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.jp
施工範囲
大阪府(堺市、富田林市、和泉市、泉大津市、岸和田市、羽曳野市、藤井寺市、八尾市、大阪市、大阪狭山市、河内長野市、高石市、忠岡町、貝塚市、松原市、柏原市、東大阪市)
————————————

中古戸建てや中古マンションを購入してリノベーションしたい方必見!>>>

 

おすすめの記事