りこのブログ

Blog

なかもずのマンションフルリノベーション その2 ~解体工事~
リノベ日記2018年07月12日

こんにちは。
リフォームブランド【りこの】の仁田です。
現在工事中の「なかもずのマンション」のリノベーション状況をお伝えしていきます。

第2回目の今回は、マンションをリノベーションする上で必要な「解体工事」の状況をお伝えします。

なかもずのマンションフルリノベーション、解体工事 内部の床・壁・天井を解体した様子
 
ジャーン!
いきなり凄い写真ですが、こちらが前回ご紹介したマンションの1室を解体した様子です。
ぐちゃぐちゃですね(笑)
ところどころに見えている木部は、もともと壁を支えていた「柱」です。
マンションの室内壁はとても薄く、使われている柱も小ぶりなものが多いですね。

天井には換気扇の配管が見えています。
また、天井からぶらんと電気配線が垂れ下がっていますね。

解体と言っても、リノベーションの場合はただやみくもに破壊するだけでなく、次に使用する配管・配線を残しつつ、慎重に行っていく必要があります。
結構骨の折れる作業なのです。

なかもずのマンションフルリノベーション、解体工事
解体後の廃材を外に運び出す
 
また、今回の場合はマンションの4階に部屋があるのですが、廃材をそのまま重機で取り出せるわけではないので、すべて人力で下の階まで運び出しております。
職人の皆様、本当にご苦労様です。

なかもずのマンションフルリノベーション、解体工事
掃除機までかけました
 
そしてこちらが、綺麗に掃除した後の様子です。
見事に綺麗さっぱりなくなりましたね。

なかもずのマンションフルリノベーション、解体工事
解体・掃除後の全体の様子

 

真ん中に上下に通っている黒い配管が、汚水管です。上の階から下の階へ、お風呂・洗面所・トイレの排水を流している配管ですね。
電気配線の他にも、床下の配管があるのがわかります。
解体後の配管位置などを確認して、作成しているプランを調整、実際に問題なく設置できるかを検討します。

さて、これで工事の準備が出来ました。
来週からは実際に大工さんが内装をくみ上げていく様子を実況したいと思います。
次回もお楽しみに。
 
————————————
堺でリノベーションするなら
【RIcono -りこの-】リフォーム&リノベーション
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.jp
施工範囲
大阪府(堺市、富田林市、和泉市、泉大津市、岸和田市、羽曳野市、藤井寺市、八尾市、大阪市、大阪狭山市、河内長野市、高石市、忠岡町、貝塚市、松原市、柏原市、東大阪市)
————————————

中古戸建てや中古マンションを購入してリノベーションしたい方必見!>>>

おすすめの記事