りこのだからできるリノベーション

Renovation concept

リフォームとリノベーションは何が違うのか?
そういったご質問をよくいただくので、まずそれについて解説します。
実は、リフォームとリノベーションには国で決められた明確な定義・違いはないのです。会社ごとにそれぞれの解釈で使い分けているのが現状で、工事の意図や目的で使い分けられています。
私たちの解釈としては、「リフォーム」は原状回復のための修繕、不具合のある箇所への部分的な修繕という捉え方で、「リノベーション」は現状回復だけでなく、新たな価値や機能性を含めた改修であり、暮らしのことを考えて、より住まいやすいように改善することだと捉えています。
リノベーションのメリットと種類
  • 中古の戸建てや中古マンションを購入することで、新築と比べより低い予算(20~30%減程度)から設定できるため、立地の選択肢が大きく広がります。
    リノベーションをすることを視野に入れると、住宅購入の選択肢が増えたりなど、メリットは様々にあります。
  • 限られた場所で考えないといけない新築注文住宅と違い、駅から徒歩5~10分以内や、暮らしに合わせた場所がいいなど、細かな要望を満たす中古戸建てやマンションを探し出せる可能性があり、結果的に暮らしの価値観や予算とのバランスが取りやすく、満足感を得られやすいと言えます。
  • リノベーションでは古いものは基本的に新しく変えてしまうため、古さや利便性の低さを気にすることがなく、場所や立地さえ条件を満たせばいいので、暮らしや建物、土地のどれもこだわりたいという方にはオススメの住宅購入方法なのかもしれません。

  • 戸建て住宅のリノベーション 子供たちが手離れした後に夫婦二人で暮らしやすい家に。

  • マンションのリノベーション 資産運用として、賃貸や販売を検討している。販売できれば、それを基盤に「終の住処」を。

  • 戸建て住宅のリノベーション 家族の形に合わせて、持ち家を二世帯住宅にするなど多様な暮らし方が可能に。

  • マンションのリノベーション 中古マンションを購入し、子育て世代に合う自分たちらしいスタイルの家づくりと暮らしを楽しむ。
「りこの」が考えるリノベーションのこれから
既存の住宅の寿命は27年、
空き家率は2020年で約20%と言われています。
そういったご質問をよくいただくので、まずそれについて解説します。
実は、リフォームとリノベーションには国で決められた明確な定義・違いはないのです。会社ごとにそれぞれの解釈で使い分けているのが現状で、工事の意図や目的で使い分けられています。
私たちの解釈としては、「リフォーム」は原状回復のための修繕、不具合のある箇所への部分的な修繕という捉え方で、「リノベーション」は現状回復だけでなく、新たな価値や機能性を含めた改修であり、暮らしのことを考えて、より住まいやすいように改善することだと捉えています。
「りこの」’s STANDARD

  • 「りこの」の最大の特徴は、一級建築士と一緒にこだわりのリノベーションができることです。新築注文住宅やリフォーム・リノベーションにおいての実績が多岐にわたるスタッフとともに、暮らし方やデザイン、利便性・機能性を考えて、世界に一つだけのマイホームづくりを演出しています。
    一級建築士だからこそ、リフォーム専門会社にありがちなコーディネーターの視点ではなく、実用的で将来の資産価値を見据えたリノベーションができることが強みです。

  • 「りこの」では、中古マンションや中古一戸建ての不動さんから、リフォーム・リノベーションをご提案することができます。中古住宅の購入は不安があるかと思います。耐震についてや、老朽化の判断、トータル予算を考えての購入など専属のアドバイザーがいないとわからないことがたくさんあります。「りこの」では一級建築士が購入する物件についてもアドバイスすることができるので、安心して、物件探しからリフォーム・リノベーションを行うことができます。
リノベーションの参考に
「りこの」のリノベーション
  • リノベーションとは
  • リノベ日記
  • Life Style Book
  • 木の家具と暮らす
  • リノベーションの流れ
  • リノベーションQ&A
  • イベントについて
  • お問い合わせ