大阪 堺市を中心とした注文住宅や住宅リフォームなどの家づくりはエムズにお任せください。

HOME > よくある質問

よくある質問

回答一覧

  • Q1. エコキュートって何ですか?国から補助金が出るって本当ですか?

    A1. 地球の空気でお湯を沸かす新しい給湯システム
    これまでのように火や電気の熱を使って直接水を温めるのではなく、空気中にある「熱」を利用して、お湯を沸かします。空気から熱を取り込んで、これを圧縮すると高温になります。この高温になった熱を利用して、エコキュートは90℃のお湯を沸かします。この空気の熱を利用する技術がヒートポンプ技術。エアコンなどで利用されていたヒートポンプ技術を給湯部門に応用したことで、新しい給湯機が誕生しました。

    空気の熱を利用することで、電気の力を約3倍にも高める事ができる
    電気「1」に対して、空気の熱が「2」。つまり3倍の能力でお湯をつくります。エコキュートでの役割は、空気の熱が主役で電気はサポート役。

    地球環境に配慮した給湯器
    エコキュートは省エネにより二酸化炭素の排出量を減らし、地球温暖化防止に貢献するだけでなく、オゾン層を破壊しないという点でも地球環境に配慮しています。
    これまでのヒートポンプ技術には、冷媒としてフロンが使用されていました。エコキュートでは、このフロンの代わりに自然界に存在する二酸化炭素を使用しています。「冷媒」である二酸化炭素は空気から熱を吸収し、選び、熱を水に伝える役割を担っています。二酸化炭素はオゾン層を破壊せず、地球温暖化への悪影響が小さい理想的な冷媒。これまで難しかった省エネと90℃の高温給湯の両立がこの二酸化炭素採用という新発想により可能となりました。ちなみに二酸化炭素は工場などで排出される副生ガスを再利用しています。

    給湯費を節約することが家計の負担を減らすための大きな鍵
    エアコンや照明などのスイッチOFFだけが光熱費の節約ポイントではありません。家庭で使うエネルギーのうち給湯の占める割合は、実に1/3。省エネの進むエアコンなどに比べて給湯にはまだまだ大きな省エネの余地が残されています。エコキュートは「空気の熱」を利用するため、この部分を1/3にまで省エネします。また、エコキュートは安い夜間電力を使ってお湯を沸かしておきます。空気の熱の利用と、深夜電力の利用で光熱費も大きく節約できるのです。

    エコキュートには快適機能が充実
    エコキュートは、大きく分けて2つのタイプ、全自動(フルオート)タイプとセミオートタイプがあります。全自動タイプは、台所やお風呂のリモコンからワンタッチで、お好みの温度のお湯張り、保温、足し湯まで自動で行うのに対して、セミオートタイプは、保温の代わりに、リモコン操作の高温差し湯で対応します。(保温機能の電気代のかからない分セミオートタイプが経済的です。)
    浴槽の冷めたお湯を温め直す「浴槽追い焚きタイプ」もあります。タンク内の高温の熱、つまり深夜に沸かしたお湯を利用して温め直します。だからとっても安く、しかもスピーディーに追い焚きできます。

    (※エコキュートは電力会社や各メーカーの自然冷媒ヒートポンプ給湯機の総称(愛称)です。)
     
    エコキュート導入補助金制度のご案内
    省エネ効果の高い給湯機としてエコキュートは、国から補助金交付対象に認定されています。導入費の一部について補助金が受けられるため、初期費用負担を軽減でき、導入時の差額分も早い時期での回収が期待できます。
    平成21年度エコキュート補助金募集スケジュールが4月8日(水)に発表されました。
    先着順ですのでご注意ください。

    スケジュール
    ≪家庭用補助金額≫ 【先着順】     ■ 第1期募集 : 平成21年4月23日 〜 6月26日
     ● 新築   : 41,000円(1台あたり) ■ 第2期募集 : 平成21年6月29日 〜 8月28日
     ● 既築   : 41,000円(1台あたり) ■ 第3期募集 : 平成21年8月31日 〜 10月30日
     ● リース  : 41,000円(1台あたり) ■ 第4期募集 : 平成21年11月2日 〜 12月25日
                             ■ 第5期募集 : 平成22年1月5日 〜 1月29日

    ※補助金を申し込む前にエコキュートの設置工事を着工している場合は補助金交付の対象外となりますので、補助金を申し込むことはできません。

  • Q2. 相談したい事があるんですがどんな事でもいいんですか?

    A2. はい、もちろんOKです。
    リフォーム、耐震診断、水道工事、電気工事、土地・建物の調査及び査定、資金面(住宅ローン・税金・借入時の銀行手続き)、ご近所の挨拶、仮住まい、引越し、ゴミの処理方法などどんな事でもかまいません。
    まずはお電話いただけたらと思います。

  • Q3. 見積もりは無料ですか?

    A3. はい、お見積もりやご相談は無料でさせていただいております。