省エネ・バリアフリー

りこのでする断熱・省エネ工事

img

お家で気持ちよく暮らすために、お家の断熱性能は重要なポイントです。夏は暑くて冬は寒いというお家の問題は、リフォームで改善することができます。

たとえば、機密性の高い窓やドアに入れ替える、屋根や外壁、床に断熱材を入れるといったリフォームを行うだけでも、お家が快適になります。

お家の断熱性能が上がると、暖房や冷房の使用を減らすことができ、省エネや節約にもつながります。また、太陽光を利用した設備などをいれ、環境に優しいお家にすることも可能です。

こういった断熱や省エネのリフォームには、国から補助金を受けることができる場合があります。 りこのでは、お客様の暮らしや今後を見据えてプランを作成いたします。もちろん、補助金の利用ができるかどうかや申請の手続きなどもお手伝いいたします。

りこのでするバリアフリー

img

高齢化や病気などによって、今までのように体が動かなくなってくると、住み慣れたお家でも不自由に感じるところがでてきます。たとえば、階段の上り下りがつらい、トイレから立ち上がるのが大変、小さな段差につまづいてしまう、など普段の生活がつらくなってきます。またそうしたことがきっかけで、お家の中で転倒して怪我をするといった事故も多く報告されています。 こうしたお家の不自由をなくすために、バリアフリーのリフォームをおすすめします。段差をなくしたり、手すりをつけたりすることで、よりスムーズにお家の中を行き来することができます。また、寝室の近くにトイレを設けるなど間取りを変更することもおすすめです。

介護保険をつかっての改修が行えるケースもありますので、ぜひ一度ご相談ください。

今のお困りごとだけでなく、将来を見越したプランをご提案いたします。

バリアフリーの実例1 階段からスロープへ

img

車いすを使用している方にとっては、わずかな段差でも大きな障害となります。
段差を取り除くことで、生活をする上での障害も一緒に取り除くことができます。
階段をスロープにしたことで、車いすでも1人で玄関へ移動することが可能になりました。

バリアフリーの実例2 玄関に手すりと式台

img

介護保険を利用し、手すりの取付と、できる限り段差を解消するバリアフリー工事です。
これからも自立して生活を送れるよう、そして介護者の負担を軽減することも目的のひとつです。
要介護認定を受けている方であれば、わずかな負担で手すり取付等の工事を行うことができます。

ご相談・現地調査・お見積りは無料です!是非お気軽にお問合わせ下さい。

お問い合わせはコチラ